読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鋭く愛のある人間観察 『無名仮名人名簿』感想

ドラマ脚本家・向田邦子氏のエッセイ集。

 

大人といえば「真面目で、品行良く、気が利き、しっかりとした人」という大人像があると思うが、実際のところ世の中にはそうでない大人も多く存在する。まぬけだったり怠惰だったり、妙な癖があったり卑しかったり。そういう、いわゆる人間のだめな部分、弱い部分を観察して詰め込んだような一冊となっている。

 

読んでると、自分の数々の欠点がまとめて許されたような気になってくる。世の中にはしっかりしていない大人も多いけど、そういうだめな部分、人間臭い部分を愛おしむ筆者の視点が新鮮で、素敵だと思った。

 

無名仮名人名簿 (文春文庫)

無名仮名人名簿 (文春文庫)